強迫性障害を改善して元の生活を取り戻す|不可解行動解消プログラム

笑顔の家族

異常な行動をする

頭を抱えている

強迫性障害になると症状によっては日常生活に悪影響をもたらしてしまいます。基本的に心療内科などで薬物療法を行いますが、必要に応じて認知行動療法を行わなければなりません。

もっと詳しく

検査と治療を行なう

家族

うつ病はストレスが原因で起こってしまいますが、その他にもストレスが原因で強迫性障害になることがあります。専門機関で光トポグラフィーなどの検査で脳に異常があるのかを突き止めることができます。

もっと詳しく

効果的な治療プログラム

悩み中

強迫性障害は無意味な行動をしてしまいますが、この症状は10代や20代などの若者にもなりやすいとされています。薬物療法の他にも専門医と認知行動療法を行なうことで、少しずつ症状を改善していくことができます。

もっと詳しく

   

発症しやすい人の特徴

カウンセリング中

うつ病や躁うつ病などは精神的な面から発症していることが多いですが、強迫性障害の症状も精神面が大きく関係しています。現在は日本でも強迫性障害の症状に悩みを抱えている人が多いですが、この症状があまり広まっていないことから病院へ受診せずに放置をしている人もいます。脳機能の異常が原因になっているので、このまま症状を放置していると症状が悪化して更にストレスを溜めてしまいます。強迫性障害の症状になると強迫観念からあまり意味のない行動を起こすこともあります。必要のない行動を行なってその場は安心をしたとても、また一定時間が経つと不安になって同じ行動を繰り返すという症状も強迫性障害の特徴の一つです。そうなると日々の生活で不安要素が貯まってしまい、強迫性障害の他にもうつ病などの症状になるリスクが高まってしまいます。強迫性障害の中でも日常生活の中で多い症状の一つとして、家の鍵を閉めたけれど本当に閉めたのか不安になってしまう方や、身体に異常がないのに異常があると不安になって何回も検診を受けることなどがあります。人によっても症状が異なっていますが、症状のタイプには不潔や確認、身体の病気などが挙げられています。強迫観念があることによって不安要素が強くなってこうした症状が出てしまいます。

強迫性障害には発症しやすい人の特徴がいくつかあるので、それを確認しておくことで自分が今後強迫性障害になりやすいのかを判断することができます。なりやすい人の特徴などはインターネットから確認することができます。発症しやすい性格には完璧主義者の方や過度に思い込みをする人、日頃からストレスを感じやすい人などが挙げられます。またその他にも強迫性障害は学校や社会生活、妊娠や育児などのきっかけから発症することもあるのです。強迫性障害はストレスも関係している病気ですが、ストレスを貯めることで強迫性障害だけではなくうつ病にもなりかねないので注意が必要です。もし強迫性障害を発症してしまったら、一刻も早く病院へ行って専門的な治療を受けなければ改善することは難しいので、ちょっとでも行動や身体の異変に気付いたらまずは病院で検査をしましょう。精神的な症状だけではなく肉体的な症状にも言えることですが、病気は早期発見をして早めに治療をすることで、手遅れになることなく完治をすることができるのです。

喜び

脳の異常が原因

脳の機能障害によって強迫性障害の症状が起こるとされています。この症状は脳の機能を正常にする治療をすることで改善できますが、完治した後も再発しないように気をつける必要があります。